Segmentation

画像内の個々の物体をピクセルレベルで分類する技術です。
画像内の各ピクセルに対して、それぞれがどの物体に属するかを推論します。道路の車線、コンクリートのひびなど、矩形での検知に適さない対象物の検知に使用します。

USE CASE

監視カメラ

人物検知や行動解析のために、映像内の人やその他の物体を特定します。また、工事作業現場などで特定の傷やひび割れを検出し、事故の予防へ繋げることもできます。

自動運転

カメラ画像から道路の白線、歩道、建物などをピクセル単位で分類、特定し、自動運転車が「認知」する働きに活用されます。

実用化例:ディープラーニングを活用したクラック(ひび割れ)検出サポートシステム

清水建設株式会社様と共同で、トンネル掘削工事現場の切羽近辺での肌落ち(掘削面の崩落)災害の防止を目指したサポートシステムの構築に向け実証実験を行いました。詳しくはをご覧ください。

医療画像解析

MRI、CTスキャンなどに活用し、特定の組織や病変領域をセグメント化することで、医師の診断をサポートします。