News

【イベントレポート】株式会社Aidemyと共催、コロナ時代の変化に強いAI組織作り

新型コロナウイルスによって、「省人化」の推進や、「非接触」なサービス提供を急ぐ企業が増えたことなどにより、ますますAI活用への期待が高まっています。
しかし、2012年から150社と、主にディープラーニングを中心としたAI、機械学習プロジェクトに取り組んできたLeapMindでは、実際に社会実装まで進んだAIプロジェクトはほんの一握り。
PoCや実証実験止まりのプロジェクトで終わってしまうケースが多くありました。

今回のWebinarでは、「組織」という切り口で、LeapMindから成功するAIプロジェクトとそうでないものとの違いをお話した後、AIに強い組織構築の支援をしてきたAidemyさんとの対談を通じて、コロナ時代の変化にも強い組織やチーム作りに必要な”変革”と”ファーストステップ”をお伝えしました。

まず前半30分は、LeapMind Salesマネージャーの三室より、下記についてお話ししました。

AI、機械学習プロジェクトで大事な5つのポイント

組織やチームの課題を2つのケースから紐解く

組織やチームをカテゴライズし、適したAIプロジェクトの進め方

特にGoodケース / Badケースや、組織やチームの特徴に関しては、参加者の方からも共感をいただけたようで、アンケートでもそれらに対する感想が目立ちました。
「部門横断でPJを進めるのが難しいが、縦と横の連携が同様に重要であることを実感した。」
「プロジェクト体制と運営のポイントが役に立った。DXやAIに強い組織作りには、組織やチームの特徴を生かす事が大事だと感じた。」

 

後半30分の対談では、モデレーターはLeapMind PR/Branding責任者の田場がつとめ、三室の他、LeapMind Codev事業部 事業部長の安村と、Aidemy Sales&CSマネージャーの木之内さんの3人で、前半にお話しした変化に強い組織やチームを作るためにはどんな変革を、どう起こすことが求められるのかをディスカッションしました。


(左から、田場、安村、三室、木之内さん)

田場からは、下記3つの質問を投げかけました。
1. AIプロジェクトを成功させるにはどのような組織変革が必要か?
2.AIプロジェクトチーム作りに必要な初めの一歩とは?
3.AIプロジェクトを成功させるような組織・チーム作りができる企業が受けられるメリットとは?

求められる変革については、Aidemy社 木之内さんからの、エンジニア以外にもAIに対するリテラシー向上はもちろん、トップダウンでR&D部門の中に専門部隊を作るという組織の変革から始まり、各事業部門にAI推進担当、デジタル推進担当を配置する、というお話が特に興味深かったです。そうすることで、“データを意識した行動変革”が組織内の課題として捉えられるようになる、とのことです。

具体的には、Aidemy社の株主でもあるダイキンさんの例をあげ、Googleが自社のデータセンターの空調をAIに任せるというニュースがあり、トップ自身が危機感を持ち(参考ニュース)、実際に情報系の人材を広げていく取り組みをトップから舵を切って行ったというお話は、日々目にしていたニュースを元にどのように企業が戦略を変えているかがわかり大変興味深かったです。
「違う業界から参入していくリスクが大きいので、そういったインプットをすることが重要。」
というポイントもお話いただきました。

また、対談を通じて、
「AIで何ができるか?ということを考える人が増えることで、組織の課題が顕在化し、スモールにはじめてショートサイクルでビジネスを回していけたりする、”運動神経のいい組織”になれる。」
という点をお伝えしたのですが、AIや機械学習を導入したことによる単純なビジネスメリットだけでなく、今後組織やチームが競争力を高めるために必要なエッセンスも含まれており、参加者の方も興味を持っていただいたポイントだったようです。

実際の感想でも、
「PDCAを素早く回せるような柔軟な組織づくりが重要なのと、それを柔軟に評価できる決裁者がいることで、コロナ時代の変化の強い組織が作られていくイメージが湧きました。」
というお声をいただきました。
「AIの民主化」が進む今、企業も個人も大きな変化にどう対応していくか悩んでいることと思われますが、本セミナーが少しでもその悩みを解決できるものになれたようで、運営としてもホッと一安心です。

19時開始と遅めだったことで、参加したくてもできなかった、というお声も多くいただきました。今後は曜日や時間帯も考慮しセミナーを開催してまいりたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 

以上、株式会社Aidemyと共催、コロナ時代の変化に強いAI組織作りのイベントレポートでした!

 

Back to Index