News

LeapMind’s Employee Interview : Oshima

LeapMind’s Employee Interview : Oshima

東北大学電子工学科・修士課程卒業後、新卒で老舗ゲームメーカーに入社。その後、東北大博士課程を修了し、NTT研究所を経てLeapMindへ。

 

LeapMindに入社する前は何をしていましたか?

新卒で某老舗ゲームメーカーに入社し、ゲームのハードウェアの試作機を作り、量産化などを担当する品質保証部門に配属になりました。その後、博士課程を修了し、NTT研究所へ入社しました。無線通信用のデバイス・端末や、通信システム、IOTなどの分野において、技術の創出だけでなく、どう世の中に普及させていくかというテーマまで研究開発をしてきました。

 

LeapMindではどのような業務を担当していますか?

ビジネス部門のマネージャーをしています。マネージャーと言っても何でも屋です。セールスをやったり、仕組みを作ったり、お客様に提案を持っていったり。ビジネスを組み立ててうまく回すというゴールに向けて、プロジェクト全体をサポートしながらプレイングマネージャーとして自ら動く事が多いです。

たとえば、お客様から「製造工程を自動化したい」というリクエストがあれば、Deep Learningを使ってどのようなことができるか提案書を作るところから始まり、プロジェクト体制を作り、コンサルティングしながらお客様と一緒に運営し進めていきます。お客様が何を求めているのかを考えた上で、ちょっと想像以上まで提案できたときが一番楽しいですね。

難しい点としては、業務の幅が広いので苦手な分野や初めて経験することも多々あります。それだけでなく、世の中の動きが早いのでそれに対応していくことも重要です。クオリティとスピードをどうやって出していくかは課題です。今はお客様へのフロントとしての比率が高いですが、エンジニアとしてコードを書いたり設計もしたいと思っています。ビジネスの視点とエンジニアの視点の両方を持ち、ゆくゆくは、新規事業やプロダクト開発にも携わってみたいです。

 

LeapMindに入社した理由を教えてください

Deep Learningだけでなく、特に組込みの技術に興味があったことが大きいです。また、面接が面白かったこともありますね。話した内容も含めてですが、普通の堅い面接っぽさがなく、生活感漂う感じがありました。選考の過程でいろいろな社員と会って話をさせてもらいましたが、確固とした技術と、そのベースとなるビジョンがあり、こういう会社もあるんだなと感じました。面接の雰囲気を通じて、入社後に働いているイメージをきちんと持つことができました。

 

どんな人が活躍していますか?

壁にぶち当たってなんとかする、みたいな課題解決が好きな人だと楽しめるかもしれませんね。お客様が求めているところを全部理解し、そこから始まる仕事なので、専門分野でないとしても、お客様の困っていることを何とかする方法を探したいと思えることが大切です。自分の領域はここだから他は知らない、できない、というように仕事の幅を自分で決めず、チャレンジしてほしいと思います。

今できなくてもいいけどいろんなことがしたい人、一つの道を極めるよりはいろいろなことをやってみたい人には向いていると思います。そして、この仕事は自分一人では成し遂げることはできません。多くの人と意見を交換し、学びながら成長していく事ができると思います。

 

これからの未来

スマート○○ってあると思うのですが、スマートな人でないとできないものが多いと思うのです。いろんなものがフレンドリーじゃないなと感じています。AIを介して誰もが新しい技術を使えるようになるといいなと感じています。
もっと人間は怠けていいのではないかと。怠けて余裕ができれば、もっと人間同士が助け合ったりできて、様々な問題が解決するのではないかなと思います。

怠けるために頑張る。

Deep Learningは何でもできる、という期待があると思うのですが、本当にDeep Learningって何でもできるのか?何ができるのか?を突き詰めたいです。
Deep Learningがやるべきこと、Deep Learningにしかできないこと、その未来を考えていきたいです。

 

Back to Index