弊社エンジニア、ムラデンさんへインタビュー

どうも。LEAPMINDデザイナーの井上です。
今週のLEAPMINDブログは弊社エンジニアのムラデンさんにインタビューをしたいと思います。
よろしくお願いします。
img_3507

井上
まず ボスニア・セルビアはどんな国でしょうか? 何が有名ですか?

ムラデン
ボスニアは自然がきれいで、南からオリエンタルスピリット、北や西からヨーロッパ、ローマカトリックの影響を受けて、
イスラーム教と合わせて3つの宗教が出会ったところです。平和です。農業、林業などが主な産業ですが、最近は観光にもを入れています。
1984年にオリンピックが開催せれたサラエボや、ベオグラード、バニャ・ルーカ、モスタルなどもいいですよ。

stari-most-1091975_1280

ムラデン
ボスニア

井上
ムラデンさんは、2003年が初めての来日でしたか。

ムラデン
いいえ、2002年の4月に大阪を中心に3週間ほど旅行をしました。

井上
それまでは、国でどんなことをしてらいしたのですか。

ムラデン
私は、1998年に高校卒業し、ソフトウェアエンジニアリングに興味を持ち、ブダペスト工業大学で学士課程取得
(2002年6月 ブダペスト工業大学電子情報工学科ソフトウエアシステムエンジニアリング(学士課程卒業))しました。
(ドナウ川にある、
ハンガリーで一番大きくて有名な大学です。)
その後ビジネスのことを考え、ヨーロッパにおいてドイツのアーヘン
効果大学修士課程を卒業(2004年6月 アーヘン工科大学(修士課程卒業))し、そして、日本の文化と技術に興味を持ち、その後日本の文部省のスカラシップを受けて、東京工業大学博士を取りました。東工大に友人がいてその友人を通じて東京工業大学の2007年9月に卒業博士課程取得いたしました。

飯島泰蔵  http://museum.ipsj.or.jp/pioneer/iijima.html の学生 →
廣田薫(現在: 日本学術振興会北京研究連絡センターセンター長)
http://www.jsps.org.cn/jspsbj/site/dbcgyjp/szzcjp-2015.htm の学生だった。

井上
東工大でどういう研究をしましたか。 またなぜ日本でそれを研究しようと思ったのですか。

ムラデン
情報科学分野の、 画像処理が主です。 例えばレンブラントの写真を欲しいときに、どうやって検索して手に入れるか、というようなことです。
日本に興味を持ったのは、ハンガリーで日本の地裁カメラなどの精密機器のことを聞く機会が何度あり、その度に「信じられない」と思うことが多かったからです。日本のスカラシップに募集したのは、
ハンガリーで同じ研究を行ったクロアヒアの友達が、 ファジィ集合のパイオニアでもある東工大の教授を紹介してくれたことがきっかけでした。

井上
日本の研究は忙しかった?LeapMindでの仕事はどうですか?言葉はやはり日本語なのでしょうか

ムラデン
そうですね、まず月曜日から金曜日までは6時に起きて朝食を食べて後はずっと研究室、または会社にいて、夜9か10時に帰宅する生活です。昼と夜の食事は研究所の食堂で食べてます。
時々、大学の先生と同じようにLeapMindでも厳しいです。会社のメンバーは25人ですが外国人は10人で、あとは15人日本人です。
コミュニケーション仕事や研究はおもちろん日本語です。平日はほとんど屋内で過ごすので、週末は公園を散歩して新鮮な空気をたっぷり吸ったり、
スポーツをしています。水泳やピンポンなど。

井上
すっかり日本の生活になじんおられるようですが、 日本食は大丈夫ですか。
また、日本の良いところ、悪いところがあれば教えてください。

ムラデン
食事は納豆、梅干を含めて何でも食べられますよ。寿司も天ぷらも味噌ラーメンも好きです。日本酒も熱燗で飲みます。
日本の良いところは安全で、便利ところですね。宅急便とか (😀)、 悪いところは渋谷など、ちょっと人多すぎますね。それから地震があること!

井上
日本人またLeapMindに関して、印象はどうですか?

ムラデン
日本人(LeapMindとしても日本人含めて)はYes/Noをはっきり言わないでしょ。代わりに「ちょっと」とか「〜かもしれない」を言うために600の方法がある、
とヨーロッパで聞きました。ヨーロッパには一つだけです。 嫌な時は嫌な顔しますし。それから日本ではフォーム(形)が大切ですね。
ヨーロッパはコンテンツ(内容)が何より大切です。「この人は何をしたか、何がどのくらいできるか」、といううことが一番大切ですが、日本は、まず肩書きなどのフォーム
が整わなければ実力があっても評価されてないように思います。最後日本にきた時、教育の場でこういうシステムが全然違うことにはびっくりしました。
(お辞儀、会釈)がおおいいですね。日本人は。
でも! 東京駅の紀伊国屋で三島由紀夫の「葉隠入門」を英訳でちょっと読んだ時は驚きました。この本は日本人の精神と性質を理解するのにビッタリの本です。
すぐに英訳を買って帰って読みました。「武士道」についてわかりやすく書いてあります。この本を読んでから、日本人がなぜ言葉少ないのか、どうしてこういうリアクションをするのか、がよく理解できるようになりました。ヨーロッパから日本にくる人には是非読んでもらいたいです、

井上
国内ではどんなところに行かれましたか?

ムラデン
2002年にファジー学会で札幌と小樽に行きました。 旅行で行った静岡は、静かで海が近くて住んでみたいですね。あとは、京都、大阪、神戸、
蓼科胡、諏訪湖、広島なども行きました。神戸はちょっと日本ではないような感じの町です。同じ港町でも横浜は海だけですが、
神戸は海と山両方ありますね。 2003年の7月の上高地、日本アルプスにも行きました。 冬は妙高高原にスキーに行きました。
それから箱根や富士山にも行きました。富士山は結構上の方まで登りましたですよ。

井上
それでは最後にこれからの希望や将来の夢を教えてください

ムラデン
今年の10月にLeapMindに入社し、日本では13年過ごしました。将来はやはりバルカン半島(西、東ユーローパ)と
日本のカケハシになるようなことをしたいですね。セルビアには日本人が少ないのでもっと文化や研究の面で交流が増えるよう
にしたいです。日本の会社にもぜひ来て欲しいと思っています。

井上
ありがとうございました!

img_3515

Posted by 佳弘井上